【事故】歩行者の女性が自転車の高校生と衝突し重体 群馬

投稿日 2010年05月14日
カテゴリー 自転車と歩行者, 自転車事故

5月13日午前8時頃、甘楽町庭谷の県道の橋の上を歩いていた同町造石のパートの女性(60)が、前方から自転車で走行して来た同県高崎市の高校2年の男子生徒(16)と衝突しました。

女性は病院に運ばれましたが、頭などを強く打っており意識不明の重体です。男子生徒にケガはありません。

富岡署によると現場は片側1車線の直線とのことです。同署で詳しい事故の原因を調べています。

追記:
警察は男子生徒から業務上過失傷害容疑で事情を聞いているとのことです。
また、現場は歩道が設置されていない場所。男子生徒は「衝突するまで女性に気がつかなかった」と話しているため、前方不注視が事故の主因とみて、調べを進めているそうです。


自転車で歩行者に追突した事故で、過去にはこんな判決も出ています。
自転車を利用する際は、「車両」に乗っているということを意識し、歩行者とすれ違う時には一時停止や自転車から降りるなど、ルールやマナーに則った通行をしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。