職員の勤務中の喫煙を全面禁止に 静岡

投稿日 2010年03月23日
カテゴリー 喫煙

榛原郡吉田町は、7月から職員が勤務中に喫煙することを全面的に禁止します。
現在は役場に勤務する職員は庁舎外の喫煙所で喫煙しなければなりませんが、7月からは昼休みの1時間を除き、勤務中の喫煙は一切できなくなります。これには仕事で庁舎外にいる時も含まれるとのこと。

今月17日の町議会一般質問で、町職員の喫煙について問われた田村典彦町長は「厳密に言えば、勤務中の喫煙は地方公務員法35条が定める『職務専念義務』に違反すると言わざるを得ない」と述べ、「公務への影響が生じない最小限の範囲で認めているが、勤務中の喫煙が少なからず時間、職務上のロスであることは否めない。本日(17日)から6月30日まで自粛期間とし、7月1日から禁煙に踏み切りたい」と話しました。


地方公務員法に違反しているとなると、今後他の自治体でも同様の流れになっていくかもしれませんね。
まあ、喫煙=さぼりととられても仕方ありませんし、その時間分の給与ももらっているわけですから、勤務時間内の喫煙を禁止するのは当たり前とも言えますよね。喫煙しない人はそんな時間なしに働いているわけですから。

コメント

コメントを受け付けておりません。