自転車の改正道交法施行

投稿日 2013年12月02日
カテゴリー 自転車ニュース

12月1日に改正道路交通法が施行され、自転車のルールが変更されました。
改正後のルールは以下のとおりです。

・路側帯の通行は進路左側の路側帯に限定。道路右側の路側帯を通行した場合は、「3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金」が科されます。
これにより自転車が通行できるのは、進路左側の車道(最も左の車線)、進路左側の路側帯、原則自転車通行可の標識がある歩道。
※歩道や路側帯を通行する場合は、歩行者の通行を妨げてはいけません。歩行者の通行を妨害した場合、2万円以下の罰金又は科料となります。

・ブレーキに不備のある場合や、ブレーキが付いていない自転車を警察官が発見した場合、自転車を停止させて検査や応急措置命令ができるようになりました。
警察官の検査を拒否したり、応急措置命令に違反すると、「5万円以下の罰金」となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。