高級自転車24台などを盗んだ男性を送検 京都

投稿日 2013年10月29日
カテゴリー 自転車ニュース

高級自転車24台などを盗んだとして、川端署は、住所不定無職の男性(36)を窃盗の疑いで逮捕、送検しました。

同署によると、男性は京都市内の駅や病院の駐輪場にあった約3万~20万円(販売価格)の自転車24台のほか、パチンコ店の金庫にあった現金など計約275万円相当を窃盗。

男性は、盗んだ自転車の防犯登録シールを剥がしリサイクルショップに売却しており、その際、シールの跡が残らないようにしイたために、店側も盗品と見抜くことはできなかったということです。

同署によると、男性は「自転車を探しながら移動した」と話しており、容疑を認めているということです。

男性はすでに、5月3日~6月28日に京都市伏見区などで自転車3台(販売価格約30万円相当)を盗むなどした疑いで、窃盗罪で公判中ということです。

コメント

コメントを受け付けておりません。