【事故】男子児童が軽ワゴン車にはねられ重傷 富山

投稿日 2013年08月23日
カテゴリー 自転車事故

8月22日午前6時45分頃、高岡市の県道交差点で、自転車で道路を横断していた小学校5年生の男子児童(10)が、同市下麻生の会社員の男性(46)運転の軽ワゴン車にはねられました。

男子児童は頭の骨を折る重傷です。

警察は、軽ワゴン車の男性から聞くなどして事故の原因を調べています。

現場は信号機や横断歩道などのない片側1車線の見通しの悪い交差点。

警察は軽ワゴン車を運転していた高岡市下麻生の会社員、大角哲夫さん46歳から話を聞くなどして事故の原因を調べています。

男子児童は、ラジオ体操を終えて自宅に帰る途中でした。


男子児童の一刻も早いご回復をお祈りいたします。

また、この事故での有無は分かりませんが、小学生以下の子供にヘルメットを着用させることが義務となっています。子供の身を守るためにも、保護者の責任で必ず着用させてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。