自転車で女性をはねた少年の母親に9,500万円の賠償命令 兵庫

投稿日 2013年07月05日
カテゴリー 自転車と歩行者, 自転車ニュース

自転車の当時小学5年生だった少年(15)に衝突され、現在も意識不明の状態が続いている女性(67)の夫と、保険金を支払った損害保険会社が、少年の母親(40)に計約1億590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7月4日、神戸地裁でありました。

田中智子裁判官は、「少年の前方不注視が事故の原因」と認定し、兵庫県警の鑑定書で自転車の速度が時速20~30kmと速かったことなどを挙げ、「母親の指導は奏功しておらず、唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかった」とし、「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定していた母親の主張を退けました。

そのうえで、女性が事故に遭ったために得ることができなくなった逸失利益や介護費などを考慮し、女性の成年後見人として提訴した夫に約3,520万円、損害保険会社に約6,000万円をそれぞれ払うよう命じました。

判決によると、2008年9月22日夜、神戸市北区の歩道のない下り坂で、少年が自転車(マウンテンバイク)で帰宅中に、正面から歩いてきた知人の散歩に付き添い中の女性と衝突したとのこと。
女性は頭などを強く打ち頭部を骨折。現在も意識が戻らず寝たきりの状態が続いているということです。


自転車も一歩間違えば重大な過失を負うことになります。免許がなくても乗れる手軽な乗り物ではありますが、事故を起こした場合、その責任は軽いものではありません。
このニュースが、自転車の乗り方について再考するきっかけになればと思います。

コメント

コメント(1) “自転車で女性をはねた少年の母親に9,500万円の賠償命令 兵庫”

  1. [...] 転車に衝突され、意識不明になっている女性(67)の夫と損保会社に対し、計9,520万円の支払いを命じた神戸地裁判決を不服として、少年の母親(40)が7月18日、大阪高裁に控訴しました。 [...]