バイクの男性を死亡させた自転車の男性を起訴 大阪

投稿日 2013年02月20日
カテゴリー 自転車ニュース

2011年12月に守口市緑町で起きた自転車とバイクの事故で、バイクの男性会社員(当時61)を転倒させ死亡させたとして、大阪地検が、自転車の大阪市城東区の男性(18)を重過失致死で在宅起訴しました。

起訴は1月4日付で、起訴状によると、自転車の男性は2011年12月20日午後9時過ぎ、守口市緑町で赤信号を無視して交差点を横断。青信号で直進してきたバイクの側面に突っ込んで転倒させ、男性を脳挫傷で死亡させたということです。

自転車はかなり速度を出していたとみられるとのこと。


自転車も車両です。道交法を守り安全に走行してください。

コメント

コメントを受け付けておりません。