【事故】バスと接触し自転車の女性二人が重傷 大阪

投稿日 2013年02月16日
カテゴリー 自転車事故

2月15日午後10時50分頃、大阪市港区磯路の交差点で、自転車で走行中の20代位の女性2人が、大阪府忠岡町の大阪市交通局職員のバス運転手の男性(50)運転の大阪市営バスと接触しました。

女性2人は病院に運ばれましたが、いずれも骨折の重傷です。バスの乗客にケガはなかったということです。

港署によると、現場は街灯がある見通しのいい交差点。
南から直進してきたバスと、斜めに横断中の自転車が接触したということです。

運転手の男性は、「青信号で進行中、左側から突然自転車が飛び出してきた」と話しているとのことです。


自転車が信号無視だとすれば、過去の判例から運転手の男性は無罪になる可能性が高いと思います。
いずれにせよ、自分の身を守るためにも横断の際は安全に十分注意してください。

ケガをされた方の一刻も早いご回復をお祈りいたします。

コメント

コメントを受け付けておりません。