【事故】自転車で歩行者をひき逃げした疑いの男性を逮捕 大阪

投稿日 2013年01月25日
カテゴリー 自転車と歩行者, 自転車事故

1月24日、大阪府警西淀川署は、自転車で女性をはねて軽傷を負わせたまま逃げたとして、重過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同府松原市のアルバイトの男性(27)を逮捕しました。

逮捕容疑は、2012年12月27日午前7時頃、大阪市西淀川区姫島1の市道交差点で、自転車で横断していた際、左から横断歩道を歩いて来た近くの無職の女性(76)と接触、顔面打撲など全治1週間のケガを負わせながら、そのまま立ち去った疑いです。

女性は顔などを打ち、鼻血が出るなどしたとのこと。
男性は女性に氏名や連絡先などを伝えておらず、付近の防犯カメラの映像などから男性が浮かび上がったということです。

男性は容疑を認めており、「女性は鼻血を出して倒れていたが、声をかけたら(女性が)自分で起き上がり、『大丈夫です』と言われたので立ち去った」と話しているということです。

女性は、「『大丈夫ですか』と声をかけられたが、その後は覚えていない」と話しているとのこと。

男性はスポーツタイプの自転車で兵庫県尼崎市内のアルバイト先へ向かう途中、女性は犬の散歩中でした。
事故後は女性と会うのを避けるために通勤経路を変えていたとのこと。

女性は110番通報しましたが、告訴する予定はないということです。

交差点には信号があり、同署は当時の詳しい状況を調べています。


事故を起こしたら、警察への連絡を怠らないようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。