【事故】香川大工学部の教授が用水路に転落し死亡 香川

投稿日 2011年10月04日
カテゴリー 自転車事故

10月3日午前5時25分頃、高松市新田町の市道で、「用水路に男性と自転車が落ちている」と通行人の男性から119番通報がありました。

男性は病院に運ばれましたが、死亡が確認されています。

香川県警高松北署によると、用水路は幅1.5メートル、深さ80センチ、水深6センチで、男性はうつぶせの状態で自転車の横に倒れていたということです。

死因は水死とみられ、死亡推定時刻は2日午後11時半頃とのことです。
同署では、帰宅途中に誤って転落したのではないかとみて調べています。

亡くなった男性は同市前田東町の香川大工学部教授(50)。


男性のご冥福をお祈りいたします。

コメント

コメントを受け付けておりません。