シンナーを使った作業中に喫煙で爆発事故 東京

投稿日 2011年09月07日
カテゴリー 喫煙

9月6日正午頃、練馬区のアパートで、作業員の男性2人がエレベーターの点検をしていたところ、大きな爆発音とともに火が出ました。

警視庁などによると、男性作業員(26)がタバコを吸おうと火をつけたところ爆発したということです。
この作業員は、顔や両手を火傷する重傷。近くで点検をしていた別の作業員(25)も軽い火傷を負いました。

2人は「点検でシンナーを使っていた」と話していて、警視庁は、タバコの火が気化したシンナーに引火したとみて調べています。


作業中に喫煙?しかもシンナーを使っているときに?

コメント

コメントを受け付けておりません。