【事故】巡査部長の乗用車と衝突し自転車の男性が死亡 埼玉

投稿日 2011年09月05日
カテゴリー 自転車事故

9月4日午前11時頃、さいたま市中央区鈴谷の国道交差点で、市道を横切ろうとした近くの無職の男性(81)と、近くの埼玉県警吉川署生活安全課の男性巡査部長(29)が運転する乗用車が衝突しました。

自転車の男性は転倒して頭を強く打ち、約4時間後に死亡しています。

浦和西署によると、巡査部長は市道から国道に入ろうと交差点を左折しようとしたところ、左手から直進してきた自転車と衝突したということです。
現場は信号機がなく、一時停止義務は巡査部長の側にありました。

巡査部長は、「国道を右から来る車が気になり、左方向の自転車の発見が遅れた」と話しています。

巡査部長は公休日で、自宅から近くに買い物に行く途中だったとのこと。
同署では自動車運転過失致死の疑いもあるとみて、巡査部長から事情を聴いています。


現場の歩道が自転車走行可でなければ、自転車側の過失も相当あるのではないでしょうか?自転車が左から来ることが本来おかしいことですから。

自転車の男性のご冥福をお祈りいたします。

コメント

コメントを受け付けておりません。