自転車の男性が首にロープを掛けられた事件で少年7人が出頭 大阪

投稿日 2011年07月20日
カテゴリー 自転車ニュース

7月15日に堺市堺区香ヶ丘町1の市道で自転車の男性(70)が若い男らと擦れ違う際、首にロープを掛けられ軽傷を負った事件で、少年7人が堺署に出頭したことが分かりました。

少年らは事件翌日の16日に出頭、高校生を含む10代後半が中心とのこと。
「誰かをひっかけてみたらどうなるかと思った」と話しているということです。

堺署は任意で事情を聴いています。

同署では、この事件を殺人未遂容疑で捜査しています。

事件詳細はこちら

2011.7.21追記
少年らは、「1人がだるいと言ったから自転車に乗って2人がゴムロープで引っ張って走っていたら、前から男性が来て、放したが当たってしまった」と話しており、故意を否定しているとのことです。
ロープは「自転車の荷台にあった」と説明しているとのこと。

警察は少年らから事情を聴くとともに、防犯カメラの映像の分析を進めるなど慎重に捜査を進める方針です。


この少年らが犯人かは分かりませんが、犯人が逮捕されることによって同様の事件への抑止になってもらいたいものです。

コメント

コメントを受け付けておりません。