周南市中心部で歩きタバコを禁止へ 山口

投稿日 2011年01月13日
カテゴリー 喫煙

周南市は、市中心部で歩きタバコを禁止する方針を固めました。
これは、タバコの吸い殻のポイ捨てや受動喫煙を防止するためです。

同市は、3月の定例市議会で「市空き缶等のポイ捨て禁止条例」の改正案を提案し、夏までの施行を目指します。

2003年に施行した同条例では現在、空き缶のポイ捨てや飼い犬のふんの放置を禁止していますが、これに路上喫煙の禁止を新たに盛り込むということです。

改正案で、観光客が歩くJR徳山駅周辺の商店街や、徳山小周辺を禁止区域に指定する方針とのこと。

今回の改正では、マナー向上が目的のため罰則規定は設けないとの事ですがが、違反者は市の掲示板で氏名を公表するということです。


1,000円の罰金よりも、氏名を公表される方が厳しいかもしれませんね。

コメント

コメントを受け付けておりません。