自転車の男性がひき逃げされた事件で容疑者を逮捕 愛知

投稿日 2010年11月02日
カテゴリー 自転車ニュース

11月1日午前3時25分頃に名古屋市西区で発生したひき逃げ事件で、西署は2日、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失傷害の疑いで、同市西区城北町の無職の男性(39)を逮捕しました。

同署によると男性は犯行後、南西に20キロ離れた愛知県飛島村まで車で逃走。乗用車の内外に消火器を噴射し、ナンバープレートも外したほか、事故でランプの一つが取れたため逆側のランプも取り外すなど証拠隠滅を図ったということです。乗用車は同村内で見つかったとのこと。
「プレートは鍵と一緒に川に捨てた」と話しています。

男性は、「車検切れだったうえ飲酒していた。発覚するのが怖くて逃げた」と容疑を認めているということです。


ここまでやっても結局は捕まるのですから、始めから逃げずに適切な行動を取るべきです。

コメント

コメントを受け付けておりません。