【事故】自転車の男性がひき逃げされ脳挫傷などの重傷、容疑者は逮捕 和歌山

投稿日 2010年10月13日
カテゴリー 自転車事故

11日午後8時32分頃、和歌山市上三毛の県道で、自転車で走行中の近くのパート男性(57)が、後ろから来た乗用車にはねられました。
男性は脳挫傷など約1カ月の重傷を負いましたが、乗用車はそのまま逃走しました。

この事件で、和歌山東警察署は12日、岩出市西国分の運送会社社員の男性(50)を、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ・酒気帯び運転)で逮捕しました。

事件後、捜査中の和歌山東署員が、この男性の自宅の駐車場で、フロントガラスやボンネットが壊れた乗用車を発見したということです。
警察の調べに対し男性は、飲酒運転は認めていますが、ひき逃げについては「人だとは思わなかった。詳しくは覚えていない」などと容疑を否認しているということです。


飲酒運転でも重大な犯罪ですから、本当に反省してもらいたいものです。
男性の一刻も早いご回復をお祈りいたします。

コメント

コメントを受け付けておりません。