【事故】自転車の女性が乗用車と接触し骨折、容疑の女性教諭を逮捕 福島

投稿日 2010年10月01日
カテゴリー 自転車事故

9月30日午前7時50分頃、福島市岡部の市道で、自転車で走行中の福島市岡部のアルバイトの女性(19)が、乗用車と接触、転倒しました。
女性は左手小指を骨折しましたが、乗用車はそのまま逃走しました。

自転車の女性は、女性教諭の乗用車の道路左側を対向して来たところを接触したということです。

この事件で福島署は同日、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失傷害の疑いで、福島市三河北町の県立保原高教諭の女性(42)を緊急逮捕しました。

県警が目撃者から通報を受け、現場近くで検問。
約15分後、伊達市内で検問中の伊達署員が平木容疑者の車を発見。容疑を認めたということです。女性教諭は出勤途中でした。

調べに対し、女性は「気が動転していた」と話しているとのことです。

保原高によると、女性教諭の担当は英語で1年生の担任とのこと。


道路左側を対向ということは、自転車の女性は右側通行をしていたはず。
女性教諭が逃げずに対処していれば、この点で自転車の女性の過失割合もかなり大きかったのでは?
逃げても結局は自分が損をするだけではないでしょうか。

コメント

コメントを受け付けておりません。