白浜町の中学生ひき逃げ事件で容疑者を逮捕 和歌山

投稿日 2010年08月18日
カテゴリー 自転車ニュース

和歌山県白浜町で自転車に2人乗りしていた花火大会見物帰りの中学生がひき逃げされた事件で、白浜署は18日、同町堅田のホテル従業員の男性(64)を道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死の疑いで逮捕しました。

この事件で、同県田辺市立中3年の男子生徒(14)が死亡しています。

白浜署によると、捜査員が長野容疑者の自宅前で前部分を損傷している車を発見、逮捕につながったということです。

男性は「怖くなって逃げた」と容疑を認めているということです。


男子生徒の自転車が花火大会の会場で盗まれたので、自転車に2人乗りしていたようですね。自転車の盗難がなければ起きなかった事故かもしれません。残念です。

クルマを運転する者の義務があります。その義務を果たせないものは初めからハンドルを握る資格はありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。