禁煙化しても売り上げに変化なしが9割 愛知

投稿日 2010年05月27日
カテゴリー 喫煙

愛知県が昨年10月~今年2月、県内の飲食店約1万店を調査員が訪れて禁煙や分煙の実施状況を初めて調査したところ、全面禁煙を実施している店の9割以上が「実施前と比べて来客数や売り上げに変化はない」と回答したことが分かりました。
回答を得られたのは、約1万店のうち7,080店。

県は今後、客離れを懸念する飲食業の生活衛生同業組合などに調査結果を示し、禁煙化を促していきます。

全面禁煙の実施率は16%。
業種別では、カレー専門店が74%、ファストフード店が68%。
スナックやバーは全面禁煙が全くなく、居酒屋や焼き肉店が1%にとどまるなど、業種で大きな差があります。

実施店舗に来客数や売り上げ、客層の変化を尋ねたところ、いずれも90%以上が「変わらない」と回答したとのことです。
分煙の店でも同様の結果でした。


食事をするだけの飲食店であれば、時間が短いのでそれほど影響がないとは思っていましたが、こうして調査結果としてきちんとした数字が出た以上、「客離れ」を理由にした禁煙化反対はしにくくなりますよね。
少なくても、子供が行くような飲食店はすべて禁煙化してもらいたいものです。

コメント

コメントを受け付けておりません。