職場の受動喫煙防止の義務を見送りへ

民主党は23日、政府が国会に提出した、職場での受動喫煙の防止対策を事業者に義務づける労働安全衛生法の改正案について、事業者の負担が大きすぎるという指摘を受けて、義務規定から努力義務に修正する方向で調整に入りました。

受動喫煙対策強化、職場の全面禁煙または空間分煙義務化へ

9月6日、厚生労働省は職場の受動喫煙対策を強化するため、一般の事業所や工場では全面禁煙か、一定の条件を満たす喫煙室以外での喫煙を認めない「空間分煙」を事業者に義務付ける方針を固めました。

シンナーを使った作業中に喫煙で爆発事故 東京

9月6日正午頃、練馬区のアパートで、作業員の男性2人がエレベーターの点検をしていたところ、大きな爆発音とともに火が出ました。

禁煙の校舎内で教職員が喫煙所を作り喫煙 三重

桑名市にある県立桑名高校で、学校敷地内が全面禁煙になっているにもかかわらず、1年ほど前から校舎1階外側の非常階段下にある空きスペースに木材や板、ビニールシートなどで内部が見えないように囲った3平方メートルほどの広さの喫煙 [...]

建物の出入り口などから喫煙所を離す「10メートルルール」を打ち出す 山口

山口県は、5月下旬に公表した改定県たばこ対策ガイドラインに、屋外の喫煙所を建物の出入り口など人通りが多い場所から10メートル以上離す「10メートルルール」を明記しました。

関西国際空港が4月1日より完全分煙化

2月1日、関西国際空港会社は関空内を4月1日から「完全分煙」にすると発表しました。

箕面市の路上喫煙禁止地区を告示 大阪

1月31日箕面市、4月1日から施行する路上喫煙防止条例の禁止地区を告示しました。 阪急箕面駅前の広場や滝道、箕面公園全域と、大日駐車場から大滝に至る歩道が指定されています。

公園の灰皿を撤去へ 宮城

仙台市では、受動喫煙防止の観点から公園でも灰皿の撤去を進めています。 中心部にある勾当台公園には、以前19基の灰皿がありましたが、タバコの煙への苦情が相次いだため、平成21年以降12基を撤去しました。

仙台駅西口の喫煙所の移籍をJTへ要求 宮城

JR仙台駅西口の高架デッキにある喫煙所で、煙害への苦情が絶えないとして、デッキを管理する仙台市青葉区が設置者の日本たばこ(JT)仙台支店に移設を求めていることが1月25日、分かりました。 JT仙台支店は回答を保留していま [...]

周南市中心部で歩きタバコを禁止へ 山口

周南市は、市中心部で歩きタバコを禁止する方針を固めました。 これは、タバコの吸い殻のポイ捨てや受動喫煙を防止するためです。

他のキーワードで探す »