自転車を凶器にしないために

気になるサイトを見つけたのでご紹介します。
BNN プラス北海道365さんの悪化するマナー、怯える歩行者 身勝手に歩道を走る自転車の脅威という記事。

扱い方によって「自転車は凶器」になってしまう、ということを改めて考えさせられます。

自転車・歩行者・喫煙ニュース」でも、自転車と歩行者、また自転車同士の事故を5月と6月だけで4件も掲載しています。

自転車同士で衝突?女子中学生が重体 埼玉
自転車同士が衝突し女性が重体 埼玉
歩行者の女性が自転車の高校生と衝突し重体 群馬
自転車の男性が歩行者をはね死亡させる 広島

小さな事故ならば、数え切れないくらい起きているのではないでしょうか?
自転車でも、人を死なせたり、大きな怪我を負わせてしまうことは起き得る事だということを、自転車を利用する方全員がもっと強く認識するべきでしょう。

最近の自転車ブームで、ママチャリよりも速度の出るクロスバイクやロードバイクに乗る方が増えました。
しかし、これらはスピードが出せる分、事故を起こした際に相手に与えるダメージが大きくなります。ママチャリと同じ乗り方は危険です。

自転車は本来、車道を走行するものです。しかし、大きな道路の場合は車道を走るのは怖いですよね。歩道走行可の場所であれば、無理に車道を走る必要はないと思います。

ただ、歩行者への配慮は忘れないで下さい。歩行者がいれば自転車を降りて歩く、歩道はすぐに止まれる速度で走る。そういった優しさを持つことで、上のような事故をなくし、みんなが安全に道路を通行できるようになります。

自転車はすばらしい乗り物です。それを凶器にしないために、自転車という「車両」に乗る際の最低限の責任やマナーを守っていきましょう。

Filed under: 自転車の安全 — admin 10:44 AM  Comments (0)

自転車のマナーアップ

気になるバスを見つけたので、思わず写真を撮ってしまいました。
たぶん仙台市営バスです。

bus

「自転車も車両です 交通ルールを守ろう」と書いてあります。

このような努力の積み重ねの効果が少しずつでも出て、自転車のマナーアップにつながるといいですよね。

Filed under: 自転車の安全 — admin 4:34 PM  Comments (0)

電力ビル前「自転車からの降車」区間

電力ビル前の自転車降車区間に行ってきました。

電力ビルの出入り口とバス停があり、歩行者・バス待ち客と自転車の事故防止のため設けられた区間です。

 

 

 

こんな感じで看板が出てます。
私が行ったときは指導するような方はいませんでした。

思っていたより区間が短かったので、あれっと思いましたが、自転車を降りて歩いても大した距離ではないので、ちょうどよいのかもしてません。

しかし、残念ながら私が見ている限り自転車を降りて歩く方はいませんでした。

自転車に乗っていて、あまり目に留まる看板ではないような気もします。

今後の周知に期待ですね。

Filed under: 自転車の安全 — admin 5:24 PM  Comments (0)